Memsourceを使って機械翻訳のポストエディットをする

機械翻訳と翻訳支援ツール

今回はMemsource(メムソース)×機械翻訳でどんなことができるのか見ていきます。

Memsourceは、クラウド型の翻訳支援ツールです。

SDL Tradosとの大きな違いは、クラウド内に翻訳メモリ・用語集・原稿・参考資料がおいてあり、プロジェクトにかかわる全員が共有できること。作業の効率化・品質の安定につながります。

Memsourceは開発の初期段階から機械翻訳との連携が視野にいれられていただけあり、機械翻訳を便利に使うことができる機能が色々と搭載されています。

今回は、クラウド型翻訳支援ツールMemsourceの操作方法をご紹介していきますね。

Memsourceと機械翻訳エンジンの連携

まずはMemsourceと機械翻訳エンジンを連携させます。

無料で使えるもの、あるいは無料期間がついいてお手軽に使えるものは、次の3つです。

機械翻訳エンジン備考
Google機械翻訳エンジン一定の文字数だけ無料。その後は有料。詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
NICT機械翻訳エンジンみんなの自動翻訳と連携。無料版は商用利用は不可。
Microsoft エンジンデフォルトでMemsourceについているもの。一定の文字数だけ無料
そのほか有料機械翻訳エンジン一覧はこちら。最初に機械翻訳エンジン側との契約が必要

 

Google機械翻訳エンジンとの連携の設定方法は、【Googleと翻訳支援ツールの連携②:SDL TradosとMemsource】で解説しています。他の機械翻訳エンジンについても、Google機械翻訳エンジンのAPIをMemsourceに設定するのと同じ方法で、Memsourceと連携させることができます。

Memsource機械翻訳エンジン設定画面

 

とりあえず「Memsourceと機械翻訳の連携でどんな機能が使えるのか見てみたい」という場合であれば、特別な設定不要で最初から使えるMicrosoft Translatorが良いかもしれません。クレジットカードを登録しなくても使えるので、自動課金されてしまうようなこともなく安心です。

なお、Memsourceには、依頼された翻訳を行うだけの無料のLinguist版(翻訳者版)があります。

Linguist版を使う場合には、自分で機械翻訳エンジンを設定することはできません。あらかじめプロジェクトに設定されている機械翻訳エンジンを使うことになります。プロジェクトに有料の機械翻訳エンジンが設定されている場合は、Linguistが使用した機械翻訳利用料は、翻訳を依頼した側に課金されます。

Memsourceのプロジェクトごとに使う機械翻訳エンジンを選択する

どのプロジェクトでも常に同じ機械翻訳エンジンを使う場合には、機械翻訳エンジンを選択するときに、「通常に設定」にチェックをいれます。

Memsource機械翻訳エンジンの設定2

プロジェクトによって、機械翻訳エンジンを使い分けたい場合には、こちのチェックはいれないようにします。そのかわりに、各プロジェクトの設定を行う画面で機械翻訳エンジンを選択します。

Memsource上で機械翻訳エンジンを使うには、一括で流し込む方法と、Memsourceエディタ上で使う方法の二種類があります。

一括での流し込むは、一括翻訳/空欄セグメントを一括翻訳 から行います。翻訳エンジンによっては一括翻訳に対応していません。Google、Microsoftは対応しています。

Memsource機械翻訳一括流し込み

Memsourceエディタ上で機械翻訳を使う

Memsourceエディタ上では、設定した機械翻訳エンジンの訳(MT)は、翻訳メモリ(TM)と同じように、右側に表示されます。翻訳者は、TMとMTの両方を参照しながら翻訳をすすめていきます。

翻訳をし、確定をすると、次の分節にカーソルが移動します。このときに、「前翻訳」の翻訳結果が次の分節に入っています。

前翻訳で何をいれるかの設定は、Memsourceウェブエディタメニューの Tools/Preferences から変更することができます。

デフォルトでは、一定のパーセンテージ以上の翻訳メモリの翻訳結果がはいる、もし使える翻訳メモリがなかった場合には、NTまたはMTの翻訳がはいる、という設定がされています。もしもMTの翻訳をいれたくない場合には、こちらのチェックを外しておきましょう。

なお、NTとは、Non-Translatable の略で、翻訳をすることができない箇所のことです。

数字やメールアドレス、URLといった部分が該当します。Memsourceでは自動でこういった部分を検知し、原文を訳文にそのままいれてくれます。わりと便利な機能なので、通常は、そのままチェックをいれておくと便利です。

Memsourceの解析結果でポストエディットの負荷を計測する

Memsourceで機械翻訳を使って翻訳を進めた場合、解析を行って、機械翻訳の翻訳をどれぐらい変更したのか、算出することができます。こうすることで、ポスエディットの手間を数値化することができます。

Memsourceの解析機能は、解析を最初に行うのか、あるいは翻訳が終わったあとにに行って翻訳メモリや機械翻訳の翻訳結果を変更した文字数/ワード数を計算するのか、選択することができます。さらに計算する対象は原文か訳文かも選択できます。

解析結果についての詳しい説明は、Memsourceのマニュアルサイトに書かれています。

Memsource解析結果

機械翻訳の品質を評価するMemsourceの新機能

機械翻訳はうまくマッチすれば、人が行う翻訳作業を大きく減らしてくれます。ただ反対に、あまりマッチしなかった場合、ポストエディット作業で多くの時間がとられてしまいます。

理想としては、事前にポストエディットの負担がどれぐらいか、機械翻訳結果の品質を予測しておきたいところですよね。ポストエディットにかかる時間がわかっていれば、翻訳プロジェクトを効率よく進めることができます。

Memsourceでは、この一歩先を行くかのように見える課題に取り組んでいます。最近できた新機能「機械翻訳品質評価(MTQE)」により、次のことが可能になります。

「ユーザーはMTを使用するのが妥当かどうか、ポストエディットで節約できる可能性があるものは何か、MTをポストエディットするか 最初から翻訳するか どちらが速いかを判断できます。」

引用元:Memsourceブログ 機械翻訳をより意味のあるものにする:人工知能(AI)の物語

 

こちらの機能は残念ながら現在有料版であり、気軽に試せるお試し版はないようです。

ただ今後も、機械翻訳を実際の案件で効率よく活用できるMemsourceの機能に期待ができそうですね。

まとめ:Memsourceを使ったポストエディット

今回はMemsource上で機械翻訳を使用するときの機能を紹介しました。

Memsourceと連携できる機械翻訳エンジンは多くあります。そのなかには無料で試せるものもあります。Memsource上で使える機械翻訳関連の機能を試してみるだけであれば、無料版で見てみることができます。

実際に使える機能として、次の機能を説明しました。

  • 機械翻訳の一括流し込み
  • Memsourceエディタ上で機械翻訳を活用
  • 機械翻訳をつかった箇所の解析
  • 機械翻訳の品質を評価する新機能

個人的にMemsourceは以前から見守ってきたツールでもありますが、操作性の良さ、軽さには定評があります。

またパーソナル版やLinguist(翻訳者)版は無料であったりするところが、「まずは試しに使ってみよう」というときに、嬉しいところでもあります^^

すでに使っている方は、ご紹介した機能で、機械翻訳による効率化も検討してみてくださいね。